単身引越し 安く 方法

Sponsord Link

引っ越し見積もり       格安業者       一括見積       査定を比較       安く引っ越す

単身引越しを安くする方法

単身引っ越しを安くする方法には鉄則があります。
それは、「ピークの日時を避ける」「できるだけ荷物量は少なく」「荷造りと荷解きは自分で」という3か条。
「ピーク」とは、新生活が始まる節目の時期(年末年始、3月〜4月頭、7月〜8月)。
人事異動や新入学などが多いこの時期は引っ越し相場も跳ね上がりがち。

 

曜日や時間帯も重要です。
土日、午前中、月末・月初はどうしても引っ越し希望が集中するので、値段が高くなるのです。
つまり「オフピークの月半ば、平日午後」の引っ越しが最も安くなるので、このような日時を選ぶと良いでしょう。

 

「できるだけ荷物量は少なく」という鉄則は、言うまでもありませんね。
荷物の量が多い程、作業に必要な人数やトラックの大きさなどのコスト面が拡大して行きます。
あまり使わないものは、この機会に処分してしまいましょう。
不要なものはリサイクルショップに売ればわずかでも引っ越し費用の足しになりますし、値段がつかなくとも処分費用はかかりません。
大型家電家具は運ぶより現地で調達、宅配した方がトータルで見れば安くなる場合も。
身の回りでどうしても必要な物を厳選して荷造りするようにしましょう。

 

「荷造りと荷解きは自分で」という部分は当たり前のようですが、これは自力で段ボールやガムテープを調達するという事も含みます。
業者が梱包資材を用意してくれる事は最近当たり前ですが、言うまでもなくそれも料金のうち。
自分で用意すれば、わずかながらでも値引きしてもらえるケースがあります。

 

これらの鉄則を守った上、各業者のお得な単身パックを合い見積もりし、最安値を見つけるのが、単身引っ越しをパーフェクトに安くする方法です。

 

 

 


安く引越をしよう

引越し単身パックは、通常の引越よりも安い料金設定になっています。
しかしながら業者によっても、料金差があります。
今回はできるだけ安くできる方法を検討してみたいと思います。

 

それぞれの引越業者には色んなプランが設定されています。
正直どれを選択して良いのか悩んでしまいますよね。

 

まず基本中の基本ですが、料金はどのように決定されるのかを押さえておきましょう。
単身での引越の場合でも、ほとんどの場合は「荷物量」と「引越距離」によって計算されるのです。
当然「引越距離」に関しては、固定ですから自分の力で調整できるのは「荷物量」になります。
まずは、あなたがしなければならないのは、この「荷物量」を減らす事になります。
見積もりを取るにしても「荷物量」が基準になりますからね。
そして同じ「荷物量」にしても引越業者によっても料金が違います。
同一の条件にしてどの引越業者が最も安いのかは、最近ではインターネットを利用して一括見積もりができるサイトがあります。
そういった所を使う事によって安く引越ができるのです。

引越に有利なタイミング

もしも、引越をする日をある程度まで選択できるならば、有利な日を選んで引越したいと思います。
では有利な日とは何時でしょうか?
それは、引越料金が安い日と、お日柄が良い日ではないでしょうか?

 

一番目の、安い時期ですが、これは大体傾向がはっきりしています。
3月頃に物件を解約する人達がどんどんと出てきますから、3月からは引越の繁忙期になります。
この時期はどこの引越業者も儲けどきですから強気で料金も高く設定されています。
大体4月10日前後までは高くなります。
狙い目は、それ以降ですね。
そして、夏休みに入る7月から8月や12月下旬も料金が高くなりますので、この時期もできるだけ避けたいですね。

 

二番目の、お日柄です。
出来る事なら縁起が良い日に引越をしたいのが日本人独特の風習ですね。
大安の日は、どの引越業者もリクエストが多くなりますね。
反対に仏滅は、人気がないですから引越費用は大幅に安くなります。
そして、土日祝日は当然引越するケースが多いですから安くはないです。
ですが、ゴールデンウイークは引越したい人はさほど多くないので、狙い目かもしれません。

単身引越しを安くする方法関連ページ

単身パックの平均的な荷物の量とは?
各業者のプランと、単身パック利用者の平均的な荷物料について紹介します。自分の荷物料と業者のプランを合わせて考えましょう。
単身パックと普通の引越しの違い
高額になりがちな普通引っ越しと、お得に済ませられる単身パックについて紹介をします。
単身パックのお得な訳
なぜ、単身パックがお得であるのか?利用するのに適した時期なども含めて、その理由について説明をします。
単身パックの費用相場
単身パックを利用する際の、掛かる費用の相場を、引っ越しの内容を踏まえて説明をします。
赤帽・レンタカーと比べて引越し業者を使うのはどうなのか?
赤帽やレンタカー利用、また、数ある引っ越し業者を利用する場合の利点、欠点などを、簡単に説明します。