不用品 処分

Sponsord Link

引っ越し見積もり       格安業者       一括見積       査定を比較       安く引っ越す

不用品の処分は?

引越しの時問題になるのは、業者選びや梱包ばかりではありません。
不要品の処分も一大事です。
コストをできるだけ下げたい単身引越しの場合、不要品はできるだけ引っ越し前に処分し、シンプルな引越しを目指したいですよね。

 

不要品の処分と言えばメジャーなのが「引き取り」。
大手の引越し業者の場合、引越しと引き取りを同時にお願いすると、民間業者より低価格で処分してもらえたり、場合によっては無料で引き取ってくれる事もあるので、見積もりの際に聞いてみましょう。
地方自治体の粗大ゴミ回収に申込むのも安くて手軽な方法ですが、自分で運び出さなければいけないという難点があります。
引越し当日なら粗大ゴミを降ろすのを手伝ってくれる業者も多いので、見積もりの際にはこの点も要チェックです。

 

リサイクルショップに不要品をお願いするのも良い方法です。
多くの場合は集荷に来てくれる上、査定後値段がつかない物も同時に引き取ってくれます。
大きな金額にならなくとも引越し代金の足しになるので、単身引越しの強い味方と言えます。

 

この他にも、新居の家具を購入したら、買った数と同じだけの家具を安価で引き取ってくれる大手家具店もあります。
転居の機会に家具の買い替えを検討している人には見逃せないサービスです。

 

このように、不要品の処分方法も賢く選択すれば、新生活に向けてお金をセーブする事が可能なのです。
引越し計画の時に、様々な方法を一緒に検討してみるとよいでしょう。

 

 

 


まずは荷物の整理

引越の荷造りが面倒な人を対象に秘訣をアドバイスしましょう。

 

一番目は、持ち物を処分しましょう。
荷造りとか荷ほどきの時を想定して次の三つに区分します。
転居先に持って行くもの・置いていく物・ゴミとして処分する物ですね。
捨てづらいものがあっても、引越をキッカケに思い切って処分する気持ちが大切です。
タンスに眠っているような服類は思い切って処分すると良いと思います。

 

二番目は、不要になったものをリサイクルショップに持って行ったり、フリーマーケットやオークションで売りましょう。
読まなくなってしまった本とかマンガ・着れなくなった服・骨董品・ゲームなどは処分する前にリサイクルショップで売れないかチェックしてみましょう。
オークションなどは、売れる訳ないと思う物が意外とマニアに受けて売れる事もあります。
特にアニメ関係は出す価値はあるでしょう。
家具とか家電製品も買い取りをしてくれるウェブサイトもあるみたいですよ。

荷造り術

引越に便利な荷造り術を思いつくままご紹介しましょう。
まずは、段ボールの側面に梱包物をマジックで記入しておきましょう。
そして、割れ物とか注意する点があれば赤マジックで記入しておくと便利です。

 

書籍類は、大きな段ボールに入れると底が抜ける事があるので、小さな段ボールに入れましょう。
食器類は、割れないように新聞紙や柔らかい紙でひとつずつ包んでください。
大皿とか土鍋などの大きいものは梱包用の資材を使うのも良いですね。

 

電化製品は、コンセントを抜いてすぐに運べるようにしておきます。
布団は布団袋にいれてコンパクトに。
石油ストーブは灯油を空にしておくのを忘れないようにしておきましょう。
衣装ケースに入っている服はそのままでも大丈夫です。
荷造りをキチンとやっておけば、引越もスムーズですね。

不用品の処分は?関連ページ

転出・転入届は?
引っ越しに関連する、転出や転入届についての説明をします。引っ越しには、様々な手続きが伴うので、準備をしっかり行いましょう。
電話やインターネット回線の引越しは?
引っ越しする際の、電話やネット回線の引っ越しについて説明をします。単身引っ越しなら、直ぐに利用する場合も考えて、そのあたりを調べておきましょう。