転出 転入届

Sponsord Link

引っ越し見積もり       格安業者       一括見積       査定を比較       安く引っ越す

転出・転入届は?

新入学、新入社がきっかけで初めての引越を経験する場合、「転出・転入届」を提出したことは無いだろう。
「転出・転入届」は引越する際に必ず提出が必要な書類で、市区町村役所にある。
ここでは、届け出方法の簡単な説明をしたい。

 

転出届は、実際に引越をする日の2週間前から届け出可能で、市区町村役所に転出届を出す事で「転出証明書」を発行してもらえる。
これは後日引越先で転入届を出す際必要な書類なので、絶対に紛失しないこと。
転入届に関しては、転入先の自治体役所に「実際に引越した日から2週間以内」に、転出証明書を持参して届け出る事で受理される。

 

 

== 届け出に際して必要な物 ==
・写真付きの身分証明書(運転免許証やパスポートなど)
・印鑑
・引越先の住所
・転出証明書(転入届のときのみ必要)
・委任状(代理の人が提出する場合)
・国民健康保険(加入者のみ)
・その他(介護保険証、児童扶養手当証書、年金手帳、老人医療受給者証など、加入者および持っている人のみ)

 

 

このうち、国民健康保険に関しては、転入先で新しい保険証に切り替わるため、転出届を出す際以前の保険証を元の市区町村に返却する必要がある。
健康保険証が一時的に無い状態となるので、万が一の場合は実費診療となるが、その場合転入先の健康保険窓口で実費分の医療費領収証を提出すれば、健康保険分の医療費が戻ってくる。
もし医療費が掛かった場合は、必ず領収証を保管しておこう。

 

転出・転入にまつわるトラブルとしてありがちなのが、引越のどさくさに紛れ転出証明書を紛失する事。
もし紛失した場合は元の住所の自治体に転出証明書を無くした事を伝えれば、変わりとなる物を発行してもらえるので転入可能だ。
ちなみに転入届は先に書いた通り転入から14日以内が原則だが、過ぎてしまっても手続きは可能である。
ただし自治体によっては過料を取られる事もあるので注意が必要。

 

さて、転出・転入届を出して一安心…の前に、「電気・ガス・水道」などの引越手続き(停止と開始)も済んでいるか今一度確認しよう。
首都圏の場合は、「引越れんらく帳」(運営:東京電力 http://www.tepore.com/hikkoshi/renraku/)という便利なサービスがある。
このサイトに登録しておけば、「名前」「住所」「連絡先」など、移転情報を1回の入力だけで複数の事業者に連絡ができ、インターネットなので24時間利用可能!メールアドレスがあれば誰でも利用可能なので、首都圏在住の人は是非利用をおすすめしたい。

 

引越し準備だけでも大変なのに、忘れてはならないこれらの届け出。
引越準備と並行してチェックリストを作っておけば新生活がスムーズに始まるはずだ。

 

 


引越しの大きな流れ

今回は、引越の大きな流れについてお話をしましょう。
引越の為に何の準備が必要なのかとか、どういう流れかを掴んでおくと引越がスムーズにいくのです。

 

一番目に引越が決定します。
まずは引越業者を決めなければなりません。
引越のスケジュールが希望通り進むように早めに複数の業者から見積もりをとって決定しましょう。
料金だけでなく梱包材の無料サービスの有無も考慮に入れましょう。

 

二番目には引越先の確認です。
現地の建物に搬入スペースがあるのかないのか。
エレベーターの有無や廊下の広さ、建物の前までトラックが入れるのか。
こういった事を確認しておきましょう。
場合によっては見積もりが変わったり、当日にトラブルになったりします。
この後に引越業者との正式契約が行われます。

 

三番目には、不要品や大型ゴミを処分しておく事です。
荷物を減らすのは引越する時の基本中の基本の鉄則ですね。

 

四番目は、賃貸物件の場合は解約手続きをしておくことです。

 

五番目は、転校の手続きですが、担任の先生に伝えて必要書類を提出してください。

 

六番目は、役所関係・ガス・水道・電話・電気などの変更手続きです。

 

七番目は、荷造りですね。

 

場合によっては、引越業者がチェックリストを用意してくれる場合もあります。

引越のご祝儀

引越の時に悩むのがご祝儀じゃないでしょうか?
特に必要ではないのですが、ご祝儀を渡す事によって引越しをスムーズにできる事もあるんですね。

 

引越作業員にご祝儀を渡したら目に見えて変わる事があります。
それは引越作業員がお客様に対する言葉遣いと、荷物の扱いが丁寧になります。
自分の仕事を認められたという意識があるのでしょう。
ですから、もしも始めからご祝儀を出そうと思うならば、作業開始前に引越作業員ひとりひとりに手渡しておくことがよいでしょう。
そうして引越作業員に「がんばらなければ。」という意識を持たせる効果があります。

 

でもご祝儀を出す出さないは個人の考え方で良いと思います。
近頃では、引越作業員がそういうご祝儀を受け取る事を一切禁止している引越業者もあるみたいですね。

転出・転入届は?関連ページ

不用品の処分は?
単身パック利用時に、不用品を効率的に処分する方法について説明をします。
電話やインターネット回線の引越しは?
引っ越しする際の、電話やネット回線の引っ越しについて説明をします。単身引っ越しなら、直ぐに利用する場合も考えて、そのあたりを調べておきましょう。